スポンサードリンク

Translate

駐車場の私的利用、あなたは停める? 停めない?

2019/02/11

お客ネタ


毎度です、YUUです!

さてさてコンビニに車でお買い物に行く方も多いとは思います。
コンビニに勤務されている方でも、通勤手段として車を使われている方もいるのではないでしょうか。
都市部ではそうではないかもしれませんが、YUUさんの住んでいるド田舎ではむしろ車が必須となるような具合。
今回は、そのような所の駐車場にまつわるちょっとしたお話です。


駐車場の利用

コンビニの駐車場、利用される場合は大体がコンビニでお買い物するために車を停めるのは分かりますね!
社員なりアルバイトなり、勤務するスタッフは車で通勤している場合、勤務時間に限り敷地内に停めることが許可されているケースも結構あります。
とは言っても他のお客さん方の邪魔にならないような場所、それこそ店の裏手であったり、倉庫の周辺であったり様々です。

コンビニの駐車場の使い方は、基本的に『買い物をするお客さん』か『スタッフが働くために』利用していると書いた方が良いのかもしれません。


ちょっとの時間だけ

コンビニ近隣のちょっとしたお店、そこの駐車場がいっぱいだったからという理由で少しの時間だけ車を停めていく方もいらっしゃいます。
あれ、オーナー次第では相当グレーな部分であるとご存知でしょうか?

「コンビニで買い物をしているのならちょっとくらいなら良いよ」とか、「常連さんだからたまには良いよ」とか、「停めたい旨を伝えてくれれば良いよ」とか、先に停めたい理由を告げてくれるとYUUさん達もとても助かります。
それでもダメというオーナーさんも少なからずいらっしゃいますが、その時は諦めましょう。
何しろ、車を停めるのはコンビニの駐車場、コンビニの敷地内なのですから。
さらに書かせて貰えたら、停めていて何かあっても自己責任です。
YUUさん達は何もできないことをご理解ください。


勘弁してもらいたい駐車

勤務時間外のスタッフも同じなのですが、私用での長時間の駐車
これは勘弁してもらいたいところです。
極稀にいますが、近くの家に駐車場がないために借りたいだとか、車を運転する二人がコンビニで待ち合わせして、片方の車でそのままどこか行っちゃうとか。
後者は昼ドラ的な雰囲気を醸し出していますね。
ただ、いずれにしても迷惑なお話です。
店長代行の言葉をそのままお借りしますが、「あなたの駐車場じゃない」のです。
他の利用するお客さんもいるわけですし、そうするとお店側からすると長時間の駐車は結構な損失に繋がります。





事件発生

実を言うと、最近その長時間の駐車でちょっとした事件がありました。
YUUさんが出勤するのは午前9時頃、30分前には店についてアレコレやってますが、到着時、スタッフ用駐車スペースに見知らぬ車。
その日勤務が終わったのは午後3時頃、さぁ帰ろうかと思って車に向かうと、ほぼ同じようなタイミングでその見知らぬ車が出ていきました。
チョコチョコと確認はしていたのですが、途中で出入りをした形跡も特になくYUUさんの勤務中はずっと駐車されていた計算になります。

で、昨日にその車の主らしきオッサン壮年の男性が来店。
あろうことかクレームをつけてきました。
クレームというより、いちゃもんですね!

内容をザックリと書いてみましょう。

1:近所に用事があって数分停めていたら軽く何かで引っかかれたような跡が出来ていた

YUUさんはこの車を見ていますので、【色】の【車種】ですかと確認を取りましたが、間違いはなさそうです。
さてここで疑問、ほぼ勤務時間中ずっと駐車されていたのに数分
面倒になりそうな予感がしていたので、あえてそのことには触れずにいましたが、最初から嘘をつかれる状況に。
多分手に負えない(苦笑

2:確認したいから防犯カメラを見せてくれ

こういう時に限って防犯カメラで確認させろというパターンに入ります。
しかし残念、防犯カメラの確認はオーナー・店長クラスでないと出来ません
しかも一般の人に見せるなどありえない
公安ですら正当な手続きを踏んで可能になることです(緊急の事件性があれば話は多少変わりますが)。
そしてよくよく考えたら、停めてあった場所はカメラ向いてないというオチが……(苦笑

3:店の敷地内で起きたので店も責任を取るべき

そういう訳で防犯カメラは見せられませんと丁重にお断り、すると傷の責任問題を出してくるオヤジ壮年の男性。
いやいや、コンビニでは無くてもお店の駐車場のスペースには大抵書いてあるじゃないですか、『駐車場での事故等につきましては一切責任を負いかねます』的なことが。
うちのコンビニにも書いてますよ。
自己責任ってやつです。

4:責任者を呼べ

毅然とした態度で対応していても、結局最後にはここに行きつきます。
相手にするのが本気で面倒になったのでオーナーに直接連絡、事情を説明したらオーナーも面倒そうな声(笑
とりあえず確認して後日連絡するから連絡先を教えてもらっておくよう指示が出たので、ジジイ壮年の男性にその旨を伝えると、名刺を投げつけるように渡して退散してくれました。
そこには『代表取締役』の肩書が……。

そのくらいの地位なのにこんなことするんだ、きっとどうしようもないプライドやそれに準ずるものがあるのでしょうね。
本音を書かせてもらうと、何か情けなさすぎる……。


後日談

この後にオーナーがあのジジイ男性に連絡をしたかどうかは定かではありません。
伝書バトSVからもクレームがどうのこうのという話は出ていませんので、多分うやむやになっているんじゃないでしょうか?


という訳で、駐車場に関するお話でした。
基本的に駐車場はお客さんの買い物ために開放しているわけで、私用のために使われるのは正直に書くと迷惑なのですよ。
おまけに駐車場の利用は自己責任が大前提、あのジジイ男性に限らず、その辺りを勘違いしている方も結構多いのが現状です。
かといって、買い物をしたから・常連だからという理由で借りれるかと言えばそうでもない
敷地内に車を停めるというのは、他のお客さんの買い物のタイミングを奪う可能性もあるのです。
そうなると他のお客さんは気持ちの良い買い物なんてできませんし、それはお店にとっても痛手です。

YUUさんは停めるなとは言いません。
オーナーの受け売りですが、前もって一言頂けたら自己責任でコッソリとどうぞという考えです。
なので停めれるか停めれないか、それはオーナー次第なのです。

ではでは(‘ω’)ノシ

スポンサードリンク