スポンサードリンク

Translate

破損した一番くじの景品を渡してしまったらしい

2019/07/19

ボヤキ



毎度です、YUUです!

最近はおばはんがお休みを続けていますので、職場としてはとても平和になっております。
早朝の人材がそんなことをしているものですから勤務としてはえげつないことになっているのですけど、体力的に辛くても精神衛生上はすこぶる安定といった所でしょうか。
しかしそんな精神上安定してきたところでトラップを発動させてくれるのがおばはんです。
トラップの容疑者ではなく、犯人として確定しているあたりはもう流石としか言えませんでした。
今日はそんなボヤキです。


事の発端は一番くじの終了から

一番くじのラストワン賞が出ていくと、どういう訳か謎の達成感を味わってしまいます。
早い物はすぐにラストワンまで出てくれますが、長く残るものはとことん長く残っています。
それこそ長い物でもう数か月、売り場から景品は撤去されていますがバックヤードで場所を占拠している景品があったりします。
先日、そんな長く居座った一番くじ景品が全て出ました。
何とは書きませんが、お店側からすればようやく出て行ったという所です。

そんな謎の達成感もつかの間、バックヤードの整理をしているとその一番くじの景品が1出てきました……。
なんで1個余ってるの?


なぜか1個だけ残っている景品

終わったはずの一番くじの景品、それがバックヤードに1つだけ残っている。
さてどういうことでしょう?
真っ先に思い浮かぶのは、くじを引かれたにもかかわらず景品を渡していないという渡し忘れですね。
コンビニの一番くじで、くじが全て出ているにもかかわらず景品が余るというのは、大体はコレです。
景品が余分に多く入ってくるということは稀ですから。
当然ながらくじは全て出ましたので、最後のくじを引いた方にはラストワン賞をもれなくプレゼント、本当であればそれでキレイサッパリ景品が無くなるのですが……。

ここからサーチ大好きな店長代行が、お決まりの映像確認をするわけです。
仕事が大量に残っているんだからそっち優先してよとは言えません、もはやそれは楽しみの1つみたいですから(苦笑
しかし確認はすれど、どうやらお客さんには全て渡されている様子
渡し忘れじゃない……?





少しどころか結構マズい案件に発展しそう

映像では犯人の特定には至りませんでしたが、途中でふと気づいてしまったのです。
この一番くじの景品は、到着してすぐにロボット君が景品を1個割ってしまったことがありました。
その割れた景品が、見当たらない……。
割れた旨を書いた紙を張り付けた上でデスクに置かれていたのですが、それがどう探しても見当たらない!

景品を破損させてしまった場合は、うちの場合はお買い上げです。
しかもその賞が出るまでくじを引き続けるというブラック感
幸か不幸か下位賞でしたので、1発で引き当てたようで何とかなっていましたが。

話は戻して、まとめると次のような感じです。
  1. くじは全て無くなった。
  2. しかし景品は1個だけ余っている。
  3. このくじの景品は、過去に従業員が破損させた。
  4. 破損させた景品は本人が引き当て、破損の旨を書いてデスクに置かれていた。
  5. デスクに置かれた破損景品が見当たらない。

さて、これで見えてきたのではないでしょうか。
つまり、破損した景品がお客さんの手に渡っているということです。


急ピッチでバックヤードの映像確認

バックヤードのPCからレジの履歴を見て、その時間の映像を確認するというのは結構骨が折れるものです。
しかも一番くじですのでかなりの時間を必要とします。

その確認作業、日付の新しい物から見ていると、おばはんがデスクから景品を持っていっているのがしっかりと映っているではないですか……!
しかも張り付けられた注意書きをすぐに剥がして捨てている、注意書きを読んですらいません
そしてその破損景品は堂々とお客さんの手に渡るという……、最悪。


お客さんはどう思っただろう

家に帰って景品を確認した時、その景品が破損していたらどう感じるでしょう。
人によっては持って帰る途中で破損したと思うかもしれませんが、そんなことは稀です。
まずはお店に一報が来ます。
今の所はそのような電話(苦情)は届いていませんが、きっとつらい思いをしたのではないでしょうか。

ただおばはんの袋詰めは雑です。
袋の中で買った商品が崩れてしまうほど雑です。
なので持って帰る途中、そのせいで破損したと感じている節もあるのかもしれません。

ですが、そのくじを買ったお客さん、本当にごめんなさい!
元から破損していた景品を誤って渡したんです!
毎度毎度、おばはんが何かしらお騒がせしています、本当に申し訳ありません……。



という訳で、破損した景品を間違って渡してしまったお話でした。
今日にいたるまで景品破損の電話は一本もありませんが、お客さんには申し訳ないことをしてしまった感がいっぱいです。
おばはんのやったことではありますが、本当に申し訳ありません。
もっともお店側での破損景品の管理体制にも問題はありますので、その辺りも上と相談しながら考えていかなければいけませんね。
ミスは付き物ですけど、多すぎですよねこのお店……。

ではでは(‘ω’)ノシ

スポンサードリンク