スポンサードリンク

Translate

店員が夏になって困る事

2019/08/07

お客ネタ ボヤキ 愚痴



毎度です、YUUです!

世間では夏休みに完全に入っていて、午前中からお店では小さなお子様や部活へ行く学生の姿が目立つようになってきました。
こんな感じで長期の休みに入ると忙しくなり、売り上げも上がってオーナーは嬉しい悲鳴をあげているのですが困ったことがいくつかあるのです。
その困ったことについて今日はちょっと書いていこうかなと思います。


とにかく暑いので思考がマヒしてくる

入り口側のレジで仕事をしていると、常に開閉する入り口なので外の熱気がダイレクトに入ってきます。
なので以前も書きましたが、脱水気味、熱中症手前まで簡単にいきそうになります。
それでなくても暑すぎる中で100人を超えるお客さんのラッシュが昼にはあります。
たまにですけどね、暑さで完全にルーチンワーク化してしまい、自分が何を言っているか分からなくなる時があるんですよ。

ウチのイケボさんですら、暑さと忙しさでたまにおかしくなっています。
例えばコーヒーのオーダーを受けた時ですが、
「アイスコーヒーSブラックですね、サイズはどうされますか?」
というような感じで、サイズまで復唱したのにさらにサイズを聞いてしまうとか。
ブラックって言ったのにミルクとシロップをどうするか聞いてしまうとか割とよくある事。

お客さんも察してくれる方は察してくれるんですけどね、常連のお客さんには心配されることもしばしばです。


暑いのでお客さんも気が立っている

ごく一部のお客さんだけですけど(笑
普段は何も言わないお客さんですけど、こうも暑ければイライラしてくるのも頷けますよ。
それに加えてレジスピードが遅かった時にはそれはイライラするでしょう。

なのでこの時期におばはんのレジに立っているお客さんの大半はイライラした表情を隠しきれていません。
でもそれでこっちに八つ当たりするのだけは止めて(苦笑
年齢認証の確認画面はサンドバックじゃないですからね、そんなに大きな音するほど当てなくても反応しますから!





ケースで欲しい

この時期ならではなのですが、お客さんの中にはドリンクやビールをケースで欲しいという方がいらっしゃいます。
コンビニにもよりますけど、YUUさんのいるお店は基本的にバラ売りする前提なので、特にアルコール類はケースで届いてもその時にバラしています。
ペットボトルのお茶やジュース、コーヒー類はケースごとストックはしていますけど。

冷えているのでという理由なのでしょうか、この時期はとにかくケースで欲しいという方が多いです。
ストックしてあるものであれば構わないのですけど、アルコール類はどうやってもバラ、その辺りでゴネられてもどうすることも出来ません

ワケが分からないのは「現金で定価で買うから」とかいう謎の交渉。
ディーラーや中古車販売の所なら「現金で」は使えるかもしれませんけど、コンビニでそれは通用しませんよ(苦笑
そして大量購入したところでセールでもない限りは値引きなんてできませんからね、暑さで交渉する場所間違えてるのかな……?


スメハラ

こうも暑いと不快な汗をかいてニオイが気になるという方も多いと思います。
ぶっちゃけた話、YUUさんもこの時期は変にその辺りは気になってしまいます。
こういう不特定多数を相手にする接客業に携わる方は清潔感なんかも求められたりしますからね。
とは言え、やってくるお客さんにその辺りを求めるのは間違いとは分かっています。
正直ね、汗臭い方がまだマシなんですよ先に書いておくと!

困るのは制汗剤のつけすぎ香水のつけすぎの方。
気持ちは分からなくも無いですが、生物兵器的な何かと思ってしまうような方が極稀にいらっしゃいます。
本人は良いと思っているのかもしれませんが、ハッキリ書くとバイオテロスメハラです。

夏場でなくてもこういう方はいらっしゃいますが、夏場は特にひどくなっていることをどうかご理解いただきたい。
こちらは吐き気と胸やけが凄いんですから!



という訳で、この暑い時期のあるあるをお送りしました。
個人的にはスメハラ関連は本当に勘弁してもらいたい。
このお客さんの後ろに口と鼻をふさいで並んでいたお客さんがいたのを見た時にはさすがに笑いを堪えるのに必死でした。
ニオイに耐え、こみ上げる笑いにも耐え、何の罰ゲームですかと(苦笑
とにかくこの暑すぎる時期、色々と困ったことがコンビニ側にもあるということです。
身に覚えのある方は気を付けて下さいまし。

ではでは(‘ω’)ノシ

スポンサードリンク