スポンサードリンク

Translate

お盆期間のコンビニ事情

2019/08/13

ボヤキ



毎度です、YUUです!

色んな所でお盆休みに入っているのでしょう、いつも来ている常連さんの姿をあまり見なくなりました。
近所の工事現場もさすがにこの時期はお休みらしく、ガテン系お兄さんたちの姿も少ないですね。
さてそんなお盆休み期間、さぞ暇だろうって思う方もいるかもしれませんがそんなことは全くありません。
今回はその辺りをコソッと書いておきたいと思います。


長期休暇中は案外満遍なく忙しい

GWでもそうでしたが、お盆休みなどの長期のお休み期間というのは忙しい時間帯が変わってしまいます。
朝やお昼にあるラッシュが少なくなる代わりに常にお客さんが出入りしている状態となります。
お店にお客さんが居ないという状況はほぼ無いと考えたら分かりやすいかもしれません。
なので完全に役割分担をしておかないと全く仕事にならないなんて言うことになってしまいます。

ラッシュの時間は短めなんですけどね、こういう時でも何故か皆さん同じような時間に同じようなものを買ったり注文してきたりするので不思議なものです。
特にそれが顕著に表れているのはコーヒー。
缶コーヒーを皆買って行くなぁと思っていたら、ある時を境に急にマシンで淹れるコーヒーに注文がシフトしたり。
そうかと思えばまた缶コーヒーやボトル飲料に流れが変わっていったり、レジを打ちながら面白半分に観察していました(笑

ずいぶん余裕じゃないかって?
だって忙しいとは言っても、お客さん少ない方ですからね。


レンタルで来てくれた方はちょっと困り顔

いつぞやの新人さんが忙しさを理由に早くも系列のお店に移籍しましたので、その穴はやっぱり系列のお店から人員をレンタルする羽目になっているのですが、手伝いに来てくれた方はやっぱり忙しいと言っていましたね。
こっちからするとまだ暇な方なんですけどね、YUUさん達の暇=系列店の忙しいという公式が出来上がっているようで、お客さんの入り方が場所によってかなり違うということはご理解いただけるかと思います。

「今日はちょっと暇かも」とその来てくれた方に言ったんですけどね、それを本人が在籍しているお店の暇と考えてしまったのでしょう。
お昼の時間が過ぎるあたりで「全っ然忙しいじゃないですか!」と苦笑い気味で言われたり。
いやだってお昼の時間の客数見たら80人くらい、それを聞いたら「十分すぎるくらい忙しいですよ」とか。
普段のこの時間帯って基本的に100人クラスなんですけどね、こっちじゃ……(汗

なんだかYUUさんが嘘つきみたいになってしまいましたけど(苦笑





初心者マークはフェイク

そう言えば、レンタルで来てくれた方に「なんで初心者マークを外してないんですか?」と聞かれました。
まぁこのお店に入った時から経験者だったので初心者というのは完全なフェイクなんですけど(笑
実を言うとYUUさん、今でも初心者マークがネームプレートについています。
ついていますというより、つけていますという方が正しいかもしれません。

こういう感じのお店ですから、ネームプレートについているそんなシールに気を回している余裕なんてないんです。
なのでずっとつけっぱなし(笑

とは言ってもなんだかんだで役に立ってくれているんですよ、この初心者マークって。
何かやらかした時ではないですよ、お客さんとのコミュニケーションツールとして役立ってくれています。
自画自賛しても良いくらいのスピードと正確な袋詰めでレジを済ませて、尚且つそこそこ暇な時間帯であれば、お客さんからその部分について話しかけてくれるんです。
「お姉さん、絶対初心者じゃないですよね?」って。
そこからちょっとしたコミュニケーションが取れたりするので結構重宝しています。

こうやってお客さんにサプライズを演出するのも楽しみの1だったりしますが、この部分は完全にイケボさんの影響かなぁ。
店員はエンターテイナーである方が良いっていうね。
イケボさん程の話術スキルは無いけど(苦笑
ちなみにそのイケボさんも初心者マークをネームプレートに付けています。
上からも特にマークについては何も言われないし、自然に取れるまでそのままでいいかなぁ。



という訳で、お盆休み期間中の状況をコッソリと書き残してみました。
文字数も余ったので、ついでにYUUさんのネームプレート事情も(笑
どうやら他のお店の人からすると、YUUさんのいる所は忙しい状況がずっと続いているのと同じようです。
そのお店から来てくれていたヘルプさん(現在長期療養中)は涼しい顔していましたけどね、最初は忙しい、きっつい、なんて言ってましたそう言えば。
まぁ慣れてくると、と言いたいのですけど、慣れるまでが結構大変なのですよね(苦笑

ではでは(‘ω’)ノシ

スポンサードリンク